資格取得のかわらばん

ホーム法律・公務員関係 > 行政書士

行政書士

行政書士概要

行政書士は法律の身近な相談相手です。 行政書士は一般の人に代わり、 官公署に提出する書類や、 権利義務又は事実証明に関する書類を作成したり、 その代行や、相談を行います。 行政書士業務の分野は多岐に渡りますので自分の 得意分野だけを担当するケースが多いようです。

行政書士の将来性

行政書士は、単に許認可などの申請書を代書するにすぎない 面がありましたが、平成13年7月の法改正により、 契約書等の書類を代理人として作成したり、 官公署提出書類の提出手続を代理したりすることが できるようになったため、今後はさらに活躍の舞台が 広がっていくとものと思われます。 弁護士と同様に代理人として契約書を作成したり、 代理契約もできるということは、ビジネス上は 大きなチャンスであるといえます。

行政書士試験


試験日 10月第4日曜日
申し込み期間 8月中旬〜9月上旬
受験料 7,000円
受験資格 年齢・学歴など特に制限はありません
試験内容 一般知識と法令(大半は択一式だが、記述もあり、 40文字程度)の2部に分かれて出題されます。
試験の難易度(合格基準) 例年の傾向からすると、 得点率として60パーセントとれば合格すると思われます。 しかし、一般知識と法令の択一でどちらも50パーセント以上 得点していない場合、その時点で不合格になります。 合格率は10%程度。
問い合わせ先 財団法人行政書士試験研究センター 03-5251-5600



→無料の案内資料はこちら。

(上のページに飛んだら、ページ右側の「資料請求(無料)」を
クリックすればOK!)
Copyright (C) 資格取得のかわらばん(スパム対策でアドレス部分「@」を「#」としています) . All rights reserved.