資格取得のかわらばん

ホーム医療・救急・衛生・福祉・癒し関係 > 医療事務

ケアマネージャー

ケアマネージャー概要

介護保険制度下において、利用者に対し、介護の必要性を判断したり、 介護の方向を示したりします。具体的にはサービスのコーディネート、 つまり、利用者の希望や心身の状態にあったサービスを利用できるよう、 ケアプランを作成します。そのため、自治体、在宅サービス事業者、 介護保険施設などとの連絡調整を行うのが大事な仕事です。 重要な職種だけに受験資格は厳しく、 医療・福祉分野の有資格者で5年以上の実務経験が必要です。 試験(介護支援専門員実務研修受講試験)に合格するだけでなく、 その後の実務研修を受けて、 初めてケアマネージャーとして働くことができます。

需要は急増しており、今後もケア付き住宅や有料老人ホームなどで 今まで以上に期待されています。

ケアマネージャーの将来性

日本では高齢化が急速に進行しています。 ここに目をつけて介護分野に新規参入する企業が多いため、 ケアマネージャーは現状不足してます。 また、福祉や医療、保健など、活躍の舞台が広いため、 ケアマネージャーは社会的な必要性が高く、 将来的は明るいといえます。

介護支援専門員実務研修受講試験


試験日 年1回。9月から11月の間の日曜日。(都道府県により異なる)
申し込み期間 おおよそ3ヶ月前。(都道府県により異なる)
受験料 7,000円〜10,000円(都道府県により異なる)
受験資格 次のうち、どれかを満たす必要があります。
  • 保健、医療、福祉の分野で原則5年以上の実務経験がある
  • ホームヘルパーは2級以上の有資格者で、資格取得以前も含めて通算5年以上の実務経験がある
  • 介護に10年以上従事している
試験内容 介護保険制度、要介護認定など介護支援分野や 保健・医療・福祉サービス分野から、 5肢複択方式及び5肢択一方式の組み合わせで 合計60問。
試験の難易度(合格基準) 例年の傾向からすると、得点率として70パーセント とれば合格すると思われます。 合格率は30〜40%程度。
問い合わせ先 各都道府県の介護保険担当課・福祉課
<関連する資格>
医療事務 福祉住環境コーディネーター アロマセラピスト 介護福祉士


→無料の案内資料はこちら。

(上のページに飛んだら、ページ右側の「資料請求(無料)」を
クリックすればOK!)
Copyright (C) 資格取得のかわらばん(スパム対策でアドレス部分「@」を「#」としています) . All rights reserved.