資格取得のかわらばん

ホーム不動産関係 > 宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者概要

不動産は高価な買い物です。であるが故に、あらかじめ 様々なことを調査・確認しておかないと後々に トラブルの元となってしまいます。 このため、土地や建物といった不動産を売買したり 貸借する場合、特に重要な点を「重要事項」とし、 これを、不動産の購入者に対して必ず説明することが 義務付けられています。 この「重要事項」の説明を行えるのが 不動産取引の専門家である、宅地建物取引主任者です。

宅地建物取引主任者の将来性

不動産関連の業務をこなす上では登竜門的意味合いがあります。 不動産関連の仕事をする上で、必要な専門知識が身に つきます。 また、不動産業者は1営業所において、5人につき1人は 宅地建物取引主任者をおかねばなりません。 会社によっては、合格時の一時金支給や、毎月の資格手当て として評価されます。 また、他の資格(FBや行政書士など)と試験範囲が 重なるものもあるため、これを足がかりとして さらなるステップアップを図ることもできます。

宅地建物取引主任者試験


試験日 10月第3日曜日
申し込み期間 7月(インターネット、郵送で若干異なります)
受験料 7,000円
受験資格 年齢・学歴など特に制限はありません
試験内容 権利関係、法令上の制限、宅地建物取引業法、税、 といった分野から50問出題されます。 制限時間は2時間で、4肢択一式です。
試験の難易度(合格基準) 50問中32問以上正解した者が合格者となります。 ただし、登録講習修了者は45問中27問以上の合格でOKです。 合格率は10〜20%
問い合わせ先 財団法人不動産適正取引推進機構 03-3435-8111



→無料の案内資料はこちら。

(上のページに飛んだら、ページ右側の「資料請求(無料)」を
クリックすればOK!)
Copyright (C) 資格取得のかわらばん(スパム対策でアドレス部分「@」を「#」としています) . All rights reserved.