資格取得のかわらばん

ホーム金融・証券・保険関連 > ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー概要

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、 個人のライフプラン(人生設計)を財政的な面から 総合的にアドバイスし、プランの立案・実行を 手助けするスペシャリストです。 金融商品、株式、保険、不動産、税金、年金、 ローンなどの幅広い知識より、様々な人に対して様々な ライフプランを立案します。

ファイナンシャルプランナーの将来性

ファイナンシャルプランナーは活躍の舞台が広範囲に 及びます。金融分野なら、銀行、証券会社、保険会社など。 不動産なら、不動産会社、住宅メーカー、建設業者など。 それぞれ、顧客に対し、家族構成や収入、支出、保険など 様々な点から現状分析し、そこから、将来の貯蓄や投資、税金対策も 考慮した上で自社及び他社の商品を説明することができるため、 大変有利となります。 また、それ以外の企業においても総務・財務部門など 年金や社会保険、財形貯蓄などの相談役として 活躍することができます。

仕事以外に個人の生活においても、金融が自由化したり 年金制度に不安の絶えない今日において、 自身の資産を守り、運用していく上では重宝する資格といえます。

ファイナンシャルプランナー試験 2級


試験日 年3回(1月/5月/9月)
申し込み期間 受験日の2ヶ月〜1.5ヶ月前
受験料 学科試験:4,200円
実技試験:4,500円
受験資格 次のうち、どれかを満たす必要があります。
  • 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
  • 3級の技能検定に合格した者
  • 2年以上の実務経験を有する者
試験内容
  • 学科試験
    試験の範囲は、ライフプランニングと資金計画、 リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、 不動産、相続・事業継承。
    試験時間:2時間(120分・60問)
    解答方法:4肢択一
  • 実技試験
    個人資産相続業務、中小事業主相談業務、 生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務のうち、 一つを選択する。
    試験時間:1時間半(90分・40問)
    解答方法:記述式・選択式・択一式
試験の難易度(合格基準) 正答率60%以上。合格率は約20%。
問い合わせ先 日本FP協会 03-3500-5760



→無料の案内資料はこちら。

(上のページに飛んだら、ページ右側の「資料請求(無料)」を
クリックすればOK!)
Copyright (C) 資格取得のかわらばん(スパム対策でアドレス部分「@」を「#」としています) . All rights reserved.