資格取得のかわらばん

ホーム会計・経理・財務関係 > 簿記3級

簿記3級

簿記3級概要

簿記は、会社の毎日の経営活動を記録・計算・整理して、 経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

簿記を身につけますと、 会社の経理事務に必要な会計知識の他、 財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。 また、コスト感覚も身につきますので、 コストを意識した仕事ができるとともに、 取引先の経営状況を把握できるために、 経理担当者のみならず、全ての社会人に役立ちます。

3級を取得すると、 財務担当者に必須の基本知識が身につき、 商店、中小企業の経理事務に役立ちます。 経理関連書類の読み取りができ、 取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになります。 営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えています。

簿記3級の将来性

日本最大規模の検定試験であり、 歴史・伝統及び主催団体などからも高い信頼性が あります。ただし、簿記3級だけでは就職や転職に 通用するかというと難しいのが実情です。 あくまでもスキルアップの第一歩ととらえ、 簿記2級、1級、公認会計士、税理士、中小企業診断士 など、さらに上位の資格にチャレンジすることが重要と思われます。

簿記3級試験


試験日 2月下旬 6月上旬 11月中旬
申し込み期間 試験日の約2ヶ月前
受験料 2,500円
受験資格 年齢・学歴など特に制限はありません
試験内容 商業簿記のうち、3級のレベルを2時間で解きます。 3級のレベルとしては、以下になります。 「財務担当者に必須の基本知識が身につき、 商店、中小企業の経理事務に役立つ。 経理関連書類の読み取りができ、 取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。」
試験の難易度(合格基準) 得点で70%以上。合格率は30〜50%。(年によって異なる)
問い合わせ先 日本商工会議所。http://www.kentei.ne.jp/boki/index.html

※申込日時、申込方法は、商工会議所によって異なります。

<関連する資格>
簿記2級


→無料の案内資料はこちら。

(上のページに飛んだら、ページ右側の「資料請求(無料)」を
クリックすればOK!)
Copyright (C) 資格取得のかわらばん(スパム対策でアドレス部分「@」を「#」としています) . All rights reserved.