資格取得のかわらばん

ホーム教員・教育関係 > 保育士

保育士

保育士概要

以前は「保母さん」や「保父さん」と呼ばれていました。 保育所のみならず介護や児童福祉の施設、そして、 ベビーシッターとして働くことができます。

保育士の将来性

少子化が進行する日本においてはその将来性を心配する方も 多いと思います。しかし、現状を見ますとむしろ不足している のが実情です。保育園への入園を望むが定員オーバーで 入所待ちの児童が全国では数十万人いる、という推計もあります。

これは出産しても、仕事はやめず会社勤めを続ける女性が増えている、 という実情があります。離婚するカップルが増えていることも あると思います。 これだけではありません。保育園への ニーズは多様化しています。一時保育(通常は親などが保育 しているが、スポット的に保育を依頼する)、延長保育(夕方、 夜間まで延長する)、休日保育(土、日も保育する)・・など。

総合的に考えるならば、むしろ社会的ニーズは高い、と言えそうです。

保育士試験


試験日 筆記試験は8月上旬
実技試験は10月中旬
申し込み期間 都道府県ごとに異なりますがだいたい5月上〜中旬
受験料 8,900円
受験資格 高卒以上の学歴。
(但し、高卒で10年以上たつ場合実務経験要)
上記学歴がない場合、5年以上の実務経験要。
試験内容
  • 筆記試験:
    1. 社会福祉
    2. 児童福祉
    3. 発達心理学及び精神保健
    4. 小児保健
    5. 小児栄養
    6. 保育原理
    7. 教育原理及び養護原理
    8. 保育実習理論
  • 実技試験:

    音楽・絵画制作・言語(3分野から2分野選択)

試験の難易度(合格基準) 合格の目安は総得点で6割以上。 合格率は約10%。
問い合わせ先 各都道府県の保育士試験担当部署(児童福祉課など)



→無料の案内資料はこちら。

(上のページに飛んだら、ページ右側の「資料請求(無料)」を
クリックすればOK!)
Copyright (C) 資格取得のかわらばん(スパム対策でアドレス部分「@」を「#」としています) . All rights reserved.