資格取得のかわらばん

ホーム情報処理・パソコン関係 > マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリスト概要

マイクロソフト社自らが認定する、世界標準資格です。 Microsoft Officeのアプリケーションソフト (Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook)を使って、 どれだけ要求された作業を確実に行えるかを判定します。 試験科目は個々に独立していますが、特にWord、Excelが ニーズが高いです。 また、試験には2つのレベルがあります。

マイクロソフトオフィススペシャリストの将来性

今、Word、Excelを導入する企業が非常に多いことから、 これらを扱う能力を身につけることは重要です。 「使えません」ではすまされず、「使えて当然」という 風潮が強いです。

ですので、職種にもよりますが、 このマイクロソフトオフィススペシャリストだけでは 就職・転職においてさほど有利には働かない可能性が高いです。

さらに、上位資格やその他分野の資格にチャレンジするのが 得策と思われます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト試験


試験日 基本的に毎月、第1日曜日、第3日曜日に実施 (全国一斉試験の場合。随時試験は各試験会場毎に異なる)
申し込み期間 受験日の1.5ヶ月〜1ヶ月前 (全国一斉試験の場合。随時試験は各試験会場毎に異なる)
受験料
  • スペシャリストレベル:10,290円
  • エキスパートレベル :12,390円
受験資格 年齢・学歴など特に制限はありません
試験内容 50分で約15〜25問。 試験科目は以下の通り。
  • ワード(Word)[ワープロソフト]
  • ワードエキスパート(Word Expert)[ワープロソフト]
  • エクセル(Excel)[表計算ソフト]
  • エクセルエキスパート(Excel Expert)[表計算ソフト]
  • パワーポイント(PowerPoint)[プレゼンテーションソフト]
  • アクセス(Access)[デ−タベ−ス管理ソフト]
  • アウトルック(Outlook)[電子メール・情報管理ソフト]
試験の難易度(合格基準) 合格率は スペシャリストレベルで7割程度、 エキスパートレベルでは5割程度。
問い合わせ先 マイクロソフト オフィス スペシャリスト事務局 03-5293-1881
<関連する資格>
初級シスアド 基本情報技術者


→無料の案内資料はこちら。

(上のページに飛んだら、ページ右側の「資料請求(無料)」を
クリックすればOK!)
Copyright (C) 資格取得のかわらばん(スパム対策でアドレス部分「@」を「#」としています) . All rights reserved.